筋肉痛が治らない?食べ物で早く治す方法について解説します。

筋トレをした後の悩みとしては、やっぱり筋肉痛でしょうか。筋肉痛にならないからトレーニングの強度が足りなかったり、やり方が間違えているのではないか?とマイナス思考に陥ってしまう人もいますね。もし、やり方を間違えているなら修正のよちがありますが、それでもならないなら気にしなくてもいいんです。

筋肉痛にならないくてもいい?十分に筋トレ効果が得られる理由を解説します。

2017.02.15

しかし、トレーニングをがっつりすれば必ずと言ってよいほど筋肉痛にはなるのだけれども、それの完治が遅いとか、なかなか治らないということで悩まれている方もいらっしゃるみたいですね。当然な話ですが筋肉痛というのは一生治らないことはありません。

スポンサードリンク



筋繊維が修復されれば必ず治りますから。それが修復される時間の問題なのです。ただ、なかなか治らないほどのトレーニングをしているということは相当負荷をかけていると思われます。それには実は理由があるんですよね。

逆に、常にトレーニングをしているとなかなかそこまでの激痛に追い込むのは難しくなってきます。では、どうしてそこまでひどい筋肉痛にどうしてなってしまうのか?さらに、筋肉痛というものはどうやったら治すことができるのか?今回は食べ物など栄養学について解説していきたいと思います。

治らないほどの筋肉痛を招く理由とは?

なかなか治らないというぐらいの筋肉痛を招いた原因は多分これですね。例えばあなたが普段ほとんどといってよいほど運動をしていないならば少し重たい荷物を運んだだけでも翌日ひどい激痛に襲われる可能性だって考えられます。

また、昔は部活などで体を慣らした。しかし、社会人になって体がなまってしまい体型も残念に。よーし、ジムへ通って肉体改造だ!とりあえず、ベンチプレスを初日からやってみたら翌日大胸筋がものすごい激しい激痛に襲われてしまった。

まず、第一に久しぶりに筋肉へ強い負荷を与えると激痛を招くほどの筋肉痛にはなりやすくなります。僕もウエイトトレーニングをしていますが、毎回筋肉痛にはなるもののそこまでひどい筋肉痛にはならずに程よい痛みで済んだりします。

ただ、ドラゴンフラッグなどになると二週間ぶりぐらいにやると結構、痛いのが来ますけどね。高強度のトレーニングは少し日数を置いて行うと激痛に襲われたりします。要するに常に負荷をかけることを続けていると筋肉がそれに対して慣れてしまうのです。

なので、常に似たような種目ばかりやっていると激痛といわれるほどの筋肉痛にはなりにくいのです。なので、あえてそれを狙うためにトレーニングを内容を常に変えていくというのも重要なポイントだったりするのですね。

しかし、逆に言えば筋肉痛を治すために1週間もかけていたらトレーニングをできないことを考えると少し非効率です。それであれば、程よいほどの痛みで数日で完治する程度のものを繰り返し行っていけばよいという考えもありますよね。なので、その辺はどういったトレーニングをしていくかということで分かれていきます。

筋肉痛を早く治すために効果的な食べ物とは?

筋肉痛を治すならば、筋肉細胞を修復するぐらいにタンパク質をその傷口に送り込むことが重要な課題になるでしょうね。それを考慮するといくつかの栄養素が必要となります。それについて簡単にまとめてみましたので参考にどうぞ。

タンパク質

肉、生卵、魚、大豆類です。特にお勧めなのは、生卵、魚、大豆類です。まず、生卵はアミノ酸スコア100であり、尚且つ吸収率が高いので筋肉の修復には非常に重宝されている食品なのです。魚に関していえばDHA・EPAが豊富であり、人にやさしい脂質なためたくさん食べても肉ほど腸内腐敗が起きにくいところですかね。最後に、大豆の場合は植物性蛋白質であり豆腐であれば吸収率が高いのである程度食べても体には負担がかかりにくいです。

ビタミン・ミネラル

ビタミン、ミネラルは細胞を作るうえで必要な栄養素になります。特にビタミンであればB群が代謝にかかわりますし、ミネラルは亜鉛などがカギを握っています。ただ、こういったビタミン、ミネラルは全種類摂取することによってはじめて効果が高まります。もし、食品から摂取するならば、野菜や果物を積極的に食べることですね。

脂質

脂質は油なので避けたくなる気持ちはわからなくもないのですが、細胞膜はリン脂質といって油でできているわけです。ただ、どんな油でも良いというわけでもなく人間にとって相性が良い油でないとダメなわけです。酸化した油ばかり摂取していると細胞分裂のときに活性酸素が発生し、周りのDNAを破壊、損傷、そして発がんへ。なので油は、DHA、EPA、アマニ油、こういった油を摂取する必要があるのです。

意外と軽視されがちなのが水です。私たち成人の体の60%以上は水分でできているわけです。そのため、水を飲まないと体のパフォーマンスも低下します。これは筋肉痛のときでなくてもそれがいえるのですが、筋肉に栄養を送り込むという意味では体水分量が多いほうが運搬が行われやすくなります。さらには、水分を取り、排出を繰り返せば筋肉痛の敵である老廃物を流してくれますから結果的にみて筋肉痛のときは水は飲んだほうが良いといえます。

スポンサードリンク



筋肉痛を早く治すにはサプリメントも必要かも。

もちろん、筋肉痛を早く治したいというときに、どんなものを食べればよいのかを意識したり、たくさんの水分を摂取することを意識したりすることもとても重要なことになります。しかし、それだけでは追いつかないことが多いのでサプリメントを活用していきましょう。

プロテインを飲む

これは、トレーニーが飲むサプリメントの中でベーシックとなるもので、とらないとだめですよぐらい重要です。やっぱりね。食品からタンパク質を摂取するとなると相当な量を食べないといけません。非常に大変なのでパウダーで手軽に摂取できるプロテインをおすすめします。

タンパク質の必要量とは?食品のみだと摂取量は不足してしまう?

2017.02.02

アミノ酸を摂取する

プロテインの場合はバランスよくアミノ酸を体に供給するという意味ではありなのですが、消化分解するまで時間がかかります。ダイレクトに筋肉細胞に材料を届けるのであれば、BCAA、グルタミンといったアミノ酸を飲むことがかなり有効だと思われます。それこそ、グルタミンは人のアミノ酸の6割を占めますから余裕があるならこういったものを摂りましょう。

マルチビタミン・マルチミネラル

それこそ、ビタミンやミネラルを摂取するとなると野菜や果物を毎日1~2kg程度は食べる必要があると思われます。それだと、かなり厳しいとおもいますので、マルチビタミン&マルチミネラルのサプリメントを毎日適量飲んだほうが早いです。これらは一見すると筋肉痛には関係ないように思えるのですが、細胞を作るうえで非常に重要な栄養素ですから大ありなんです。

↓ ↓ ↓

>>HMBで筋肉増強!ランキングにしてみました。

十分な休息をとる

破壊された筋繊維を修復するには栄養をたくさん摂ることも重要なのですが、休むということも必要になります。多くのトレーニーは週に1日程度は休みを入れることが多いです。それだけ休みというのは重要なことなのですが、僕が注目しているのは睡眠です。

十分に眠るというのも必要だと思います。やはり、筋トレをしたときというのは睡眠時間が自然と多くなる気がしますね。何もしないで疲れていなければ5時間も睡眠をとれば十分ですが、筋トレでハードに体を追い込むと最低でも7時間は寝たいです。

さらには、眠る時間は重要です。成長ホルモンの分泌を一番得られる時間帯。22時~2時の間になりますが、1時ぐらいに眠っても遅いです。就寝してから1時間しないと成長ホルモンは分泌されませんから遅くても24時には眠りについていないと間に合わないことになります。

夜のゴールデンタイムなんていわれていますが、このときに成長ホルモンが一番分泌されるのです。若返りにも効果が期待を持てますし、ボロボロになった筋繊維を修復するならばこのホルモンの頂を得られないのはとてももったいないことです。トレーニーなら夜更かしはせずに早めに眠りましょう。

スポンサードリンク



おすすめコンテンツ

効率的に筋肉を増やすならこのサプリ!
↓ ↓ ↓

HMBサプリメントをランキング形式に比較してみました。

2017.05.28