プロテインダイエットは飲み方を失敗するとカロリーと糖質で太る可能性あり?

さて、プロテインといえばスポーツジムへ通う人や健康のためダイエットのために飲んでいるという人も多いかと思います。そもそもこのプロテインって一体どんなものなのでしょうか?よく勘違いしている人がいますので初めに伝えておきますね。

プロテインは筋力増強剤ではありません。あくまでもタンパク質を効率的に摂取するための栄養補助食品なのです。わかりやすく言えばわれわれが普段から食べるお肉、お魚、大豆といった食品に含まれるタンパク質を抽出してそれを粉末にして吸収率を高めたものです。

スポンサードリンク



いわゆるただの食品なのです。最近ですとテレビCMや色々なメディアでプロテインダイエットなどが宣伝されていますよね。プロテインを飲むことで本当に痩せることができるのでしょうか?そこで今回はプロテインダイエットを行うえで注意点と言いますか…

プロテインというものを勘違いしてダイエットに取り入れてしまうと逆に太ってしまう可能性もありますのでそのあたりをお話ししていきたいと思います。

プロテインはカロリーも糖質も高いのでしょうか?

これは、メーカーによって異なりますので何とも言えません。しかし、当然ですが食肉から同じ量のタンパク質を摂取するのであればどのプロテインも大幅にカロリーを抑えられるので肉体を作る上ではものすごく優秀な食品なのではないだろうかと思います。

もちろんですが、タンパク質1gあたり4kcalございますのでゼロカロリーのプロテインというのはありえない話です。1日あたり60gの摂取量とすればプロテインだけで240kcal摂取することになりますね。そう考えるとプロテインというのは比較的カロリーが多い食品です。しかし、プロテインを飲んだことがある人がわかると思いますが基本的にはおいしいものではありません。それこそ大豆由来のソイプロテインは豆の粉のようなものです。

それを水で溶かして飲んでおいしいと思うか?いいや、おいしくはないですよね。逆に牛乳由来のホエイプロテイン、カゼインプロテインもあんまりおいしい味ではないです。その辺を改良してメーカーによっては味付けをしている場合があります。

ココア、バナナ、バニラ、いちごミルクなど最近は色々な味がありますけれどもそこで砂糖をプラスしている場合はその分糖質を摂取することになります。ちなみにDHAプロテインダイエットのいちごミルク味は比較的甘いです。1袋あたり13.7gの糖質が含まれていますからね。

スポンサードリンク



本来プロテインから得られるカロリーでは太らない

1日240kcal摂取したところでわれわれ人間は太りません。その倍の480kcalでも大丈夫です。なぜなら成人男性で2500kcal、成人女性で2000kcalを1日の生活だけで燃焼することができるからです。プロテインで得られるタンパク質は必要なものです。そのためそこから得られるカロリーで太るというのは本来間違えなのです。

それに、これはタンパク質ですので私たちの体を作るものです。一応人間の比率として、水:油:タンパク質=6:2:2になりますね。タンパク質はわずか2割しかないと思いますがそれは水分が含まれているからです。髪の毛、皮膚、筋肉、骨、血液、ホルモン、内臓、器官…

私たち人間を作っているあらゆるパーツはなんですか?はい、タンパク質です。もしこれが欠乏すると、生命に重要な部分からタンパク質は使われるという性質がありますので生命維持とは直接関係がない髪の毛が薄くなる、皮膚はどんどん劣化していく…

この辺が目立ってくるんですよね。ですから、外見も生き生きと若々しく保っていたいのであればタンパク質は積極的に摂取すべきなのです。それこそ、お肌をつやつやにしたいのであれば余分に摂ったほうがいいので、体重の1/1000以上摂るように心がけましょう。

満足にタンパク質を摂取することができればもちろん筋肉を育てることもできますので基礎代謝が上がりますし運動によるエネルギー代謝も高まります。そういう意味ではカロリーが高いからタンパク質を避けるのではなくタンパク質を積極的に摂取して他の太りやすい糖質を避けるようにすればよいのです。

↓ ↓ ↓

>>HMBで筋肉増強!ランキングにしてみました。

やり方を間違えるだけで太る原因になる?

しかし、このように言われていますがプロテインを飲んで太るんですけど…という人もいるかもしれません。プロテイン以外にどんな食事をしているのかによってもこの辺は大きく左右されますので何とも言えないところがあります。しかし、プロテインも飲み方次第で太ります。

まず、プロテインを飲んで太ってしまうと言う人は一度にたくさん飲んでいる可能性があるのです。基本的にプロテインというのは1度に吸収される量というのが決まっておりまして、20~30g程度なのです。それ以上飲んでもタンパク質として吸収されず脂肪として蓄積されるのです。

ですから、プロテインを一度に何杯も飲んではいけません。1回20gのプロテインを摂取したら必ず4時間は空けるようにしましょう。なので体重が50~60kgの方であれば12時間で60gのプロテインを摂取すれば丁度良く体に吸収させることができるのです。

このようにプロテインというのは基本的にはタンパク質であり人間の身体をつくる重要なものです。筋肉を多く作ることで代謝が上がりますからね。けれども、飲むタイミングを間違えてしまうと当然太ることになりますのでそのあたりは注意しましょう。また、ダイエットを考えているなら甘い糖質の多いプロテインは避けたほうがよいですね。

スポンサードリンク



おすすめコンテンツ

効率的に筋肉を増やすならこのサプリ!
↓ ↓ ↓

HMBサプリメントをランキング形式に比較してみました。

2017.05.28