マルチビタミン&ミネラルがダイエットや筋トレに必要な理由とは?

「ダイエットサプリメント!」の人気はいつの時代も絶えることはありませんね。ダイエットといえば男女問わず一生の悩みですからね。やはり太っている方が痩せている方がかっこいいですし、ただ痩せているよりも引き締まっていて筋肉の線がはっきりとしている方がかっこいいです。

そのため、体づくりは老若男女問わず行うのですよね。僕は近所のスポーツジムに週2ペースで通っているのですが、元気なお年寄りもスタジオレッスンに参加していますし、学生もトレーニングルームで体を鍛えています。ベンチプレスなどのウエイトトレーニングはアスリート体型の方が多いですね。

このように、世間一般でも体つくりというものは趣味であり習慣であることは間違えありません。もちろん、そういうものに興味がない人も多いとは思いますが基本的に悩みの大きいカテゴリーなのでサプリメントや体つくりというものに気を使う人は多いのです。

しかし、痩せるためには?筋肉をつけるためには?どのようなサプリメントを摂取しなくてはいけないのでしょうか?カプサイシン、L-カルニチン、COQ10など燃焼系のサプリメントもたくさんありますがやはり一番大事なのは基本なのですよね。そこで今回は基本と言えるビタミン、ミネラルのサプリメントのダイエット効果や活用法、おすすめな選び方などについて解説させていただきたいと思います。

マルチビタミン&ミネラルの必要性とは?

そもそも、マルチビタミン&ミネラルとは一体どういったものなのでしょうか?基本となるビタミン、ミネラルを手軽に摂取できるように作られたサプリメントのことです。ですから、ニキビを改善するためにビタミンCに特化しているサプリメントであったり、ダイエットのためにビタミンB群に特化しているサプリメントではありません。

まんべんなく必要なビタミン&ミネラルが含まれたものです。そもそもこれというのはどうして大切なのか?といいますと、特定の効果効能を求めて特定のビタミンやミネラルを摂取しても実はそんなに効果は見込めないのです。残念ながらビタミンやミネラルは単体では活躍できません。

全てそろって初めて効果を発揮するのです。ですから、美容を求めてビタミンEのサプリメントだけを摂取したところであまり意味がないのです。それよりも第一段階として基本となるビタミン、ミネラルをバランスよく摂取する必要がありますね。

そのため、サプリメントの入門編としてマルチビタミン&ミネラルを活用すべきなのです。つまりは、テレビで「この栄養素は痩せます!」宣伝していることもあるかもしれませんが、それにすぐに踊らされずにまずは基本となる栄養素をしっかりと摂るように心がけましょう。

ダイエット効果は期待できるものなのか?

はい、ダイエットに限らず美容健康を考えるならマルチビタミン&ミネラルを摂取続けてみるとわかります。やはり基本をそろえるとビタミンやミネラルの効果というのは全然変わってきます。たとえば、直接のダイエット効果といえばビタミンの中ではB群です。

脂質、糖質、タンパク質の代謝が行われるからです。しかし、このビタミンB群の効果を上手に発揮するためには先ほどの説明のように度台となるマルチビタミン&ミネラルが必要となります。基礎となる土台が完成しましたらその上に、ビタミンB群のサプリメントを摂取すると非常に太りにくくなります。

色々なサプリメントがありますが糖質のエネルギー変換に必要なのはビタミンB1なのです。過剰に糖質を摂取しすぎたかなと思いましたらそれをできるだけエネルギー変換するためにビタミンB1のサプリメントを飲むことで解決することができるのです。

もちろん、マルチビタミン&ミネラルありきの話ですがね。ですから巷で色々とたくさんのダイエットサプリメントが販売されていますがそれらに飛びつく必要もないのです。もちろん、目的に応じて摂取すべきものはあります。木歩となる代謝を高めるならビタミン、ミネラルです。

糖質を摂取するならあらかじめ水溶性の食物繊維を摂取しておくことでその吸収を大幅に抑えることができますのでこれは活用したほうがよいでしょう。しかし、それだけでは代謝のアップにはなりませんので基本的な部分ではありません。ですので、まずはダイエット効果ももちろんのこと美容、健康を考えるのであればマルチビタミン&ミネラルは摂取しておくことをオススメします。

基本を完成させるにはタンパク質も必要!

われわれの体は何でできていますか?水:タンパク質:油=6:2:2となります。つまりはほとんどが水でできているので水分摂取はもちろんなのですが、水分が含まれているタンパク質がほとんどです。体を見回してもほとんどのものが水+タンパク質です。

ダイエットに必要な筋肉。これなんてタンパク質のかたまりのようなものです。ビタミンというのはいわば糖質や脂肪を燃やすための着火剤のようなものです。それを維持し続けるエンジンがなければ燃料を燃やし続けることができませんよね。

そのエンジンが筋肉にあたります。ですから運動の重要性は筋力トレーニングである程度筋肉を肥大させることです。ウエイトで数十~百キロ以上上げるというのでなければそこまで筋肉は肥大しませんので多少のトレーニングで代謝を上げるぐらいなら大して肥大しませんので安心してください。

そのため、もしダイエットを考えるならばマルチビタミン&ミネラルといった基本的なサプリメントと同時に、必要最低限のタンパク質をプロテインを活用して摂取することがオススメです。たくさんのタンパク質を摂取すればお肌もきれいになります。

タンパク質の必要量とは?食品のみだと摂取量は不足してしまう?

2017.02.02

食事からの栄養だけでだとダメなのでしょうか?

これに関しては、必ずしもダメとはいいきれません。実際に食事だけで上手くタンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラル、食物繊維、といった栄養素を摂取できている人もいますからね。しかし、相当量必要なのは事実なので誰もができることではありません。

健康のために野菜ジュースを飲んでいるから大丈夫だとか思っている人は大間違いです。野菜ジュースはメーカーにもよりますがただのジュースです。加熱を行っていたりしますのでほとんど栄養はありません。正直なところ、足りているのはビタミンAだけとなります。

野菜をしっかりと食べているから大丈夫だと思われるかもしれません。カットサラダじゃなければまだマシといえましょう。袋詰めされたカットサラダは塩素消毒されている可能性が高いので栄養価はほとんどなくむしろ塩素を食べることになるので体に悪いといえます。

では、普通に野菜を食べて大丈夫なのか?農薬が気になりますがそれをなしにしたとしても、今の野菜は非常に栄養価が低いです。というよりも年々栄養価が落ちてきています。その理由は、日本の国土が狭いため同じところで栽培を続けてしまっているところにあります。

畑の地力が落ちてしまい、栄養価の高い野菜が作れないのです。1985年と2005年のトマト、ほうれん草を比較すると、2005年のトマトは1/3、ほうれん草は1/2も栄養価が落ちています。もちろん、それでも野菜をしっかりと食べることは大事なのですがそれだけでは到底追いつかないのでこのように、せめてマルチビタミン&ミネラル、プロテインを活用することが体つくりに効率的といえるのです。

サプリメントのメーカーはどこでもいいのか?

はい、ダメです。薬局や量販店へいけばサプリメントはもお凄く安く購入できます。お買い得でよいと思うのですがあのサプリメントの中身というのが良質なものではありません。サプリメントメーカーで働いていた薬剤師の方の話を聞くところによれば合成のサプリメントというのです。

要するに、石油から合成して作ったビタミン、ミネラルです。由来が食べ物ではなくて化学物質ですのでこの時点で体に良いものなのかというと疑問に思えてきますが、それだったら飲まないほうがいいのです。胃酸で上手く消化することができず腸の中で残っているという事故もありました。

腸の中でサプリメントの固形が残っているというのは大丈夫なのでしょうか?もちろん、大丈夫ではありません。炎症を起こしてそこから癌化する危険性も考えられますので必ず良質なものを飲むようにしましょう。こちらに選び方について詳しく書いておきましたので参考までにご覧ください。

サプリメントは効果なし?メーカーの選び方が重要だという話。

2017.03.20