飲むライザップ!「キリン ライザップ プロテインボトル」を飲んでみた感想。

キリンビバレッジとライザップがコラボしてリリースした清涼飲料水「飲むライザップ」が、昨日3月28日に発売されました。1本あたり5000mgのプロテイン、そして、糖質は9.5mgと少ないことを売りにしています。早速買ってみました。

パッケージはこんな感じです。意外と高くて販売価格は150円です。「引き締めたいあなたへプロテイン5000mg配合」「飲むRIZAP、始まる。近頃、「ゆるんできた」あんたへ。運動とともに飲むことで、引き締まった生活とカラダづくりをサポート。」とありますがどうなんでしょうか?とりあえず、飲んだ感想はピーチヨーグルトで普通のジュースの味です。カルピス とけあう白桃&カルピスに似ているかな?まあ、不味くはないです。

早速突っ込みを入れます。まず、果糖ブドウ糖液糖ですが、危険成分として最近では指摘されていますね。トウモロコシを原料にして作った異化糖なのですが、そもそもトウモロコシが米国の遺伝子組み換えの可能性が非常に高い。

その時点ですでに発がん性物質なのですが、ブドウ糖の10倍ほどAGESを産生するため体を糖化させまくる。糖化はタンパク質を破壊する行為ですので、血管、血液、ホルモン、内臓、皮膚、あらゆる細胞にダメージを与えます。結果、動脈硬化、白内障、神経障害、腎臓病のリスクが高まると考えられています。

アセスルファムKは人工甘味料でありカロリーはゼロですが、十分に血糖値をあげます。香料っていったって何を使っているかわからないですし、いろいろとカラダに有害なものが入っていることがうかがえます。ちなみに、僕はレビューのために一口だけ飲んで捨てましたwww

1本あたり、タンパク質が5g含まれていますがそのタンパク質を摂取するために体を壊す成分を摂取すると考えるとすごいマイナスです。それならば、普通にプロテインを飲んだほうが全然いいです。無添加、無香料、無着色、糖分すら入っていません。しかも、タンパク質は一本あたり20gも摂取できます。あとは、これを飲むぐらいなら卵でも食べたほうがマシ。そんな風に思いました。結局、このスポーツジムは評判悪いんですが、ダメダメな商品が多いのも事実。。。ブランドに騙されないでくださいね。