マッスルエレメンツHMBサプリメントの効果を成分から考えてみる。

筋肉をつける」ということで巷を騒がせてい筋肉サプリメントHMBです。「このサプリメントは効果があるんですか?」「飲むと筋肉がつくのか?」というと、筋肉をつけるサポーターという意味では正解です。HMBがどんなものなのか?ご存知ない人はこちらのページをご確認ください。

HMBとは?サプリメントは効果なし!効果あり!の違いについて。

2017.03.20

日本だとビルドマッスルのイメージが強い気もしますが、最近ではいろいろなHMBサプリメントというものが登場しています。そこで、今回はマッスルエレメンツというサプリメントです。これは実際のところどうなのか?

購入しても大丈夫なのか?不安視されている人もいらっしゃるみたいですね。あくまでも僕の個人的な見解や主観の話になりますがマッスルエレメンツのホームページを見た限りで解説をさせていただきたいと思います。

マッスルエレメンツHMBが効果があるとされる理由

HMBが効果があるという理由は先ほど掲載したページで解説していおりますのでそちらを参照ください。そのほか、マッスルエレメンツにはHMBのほかにたくさんの栄養成分が含まれていますし強い効果が期待できるとうたっていますがその理由についてまとめてみました。

1.プロテインよりも効率的

これはHMBサプリメントすべてにおいていえる話です。プロテインだけですと筋増強におけるロイシンの含有量が少ない。HMBは別名β-ヒドロキシ-β-メチル路酸といいます。以前もお話ししたかもしれませんが、ロイシンが合成されたものなのです。筋肉を補強したり増強するうえで重要なのは必須アミノ酸のロイシンです。

それに、プロテインの場合はタンパク質ですからそれを摂取してアミノ酸に分解、ロイシンをHMBに合成と、たくさんのプロセスを踏む必要がありますから時間がかかるのです。そのため、トレーニングで筋肉をしごきまくったあとに飲むのは少し遅いのです。

こういうときにはすぐにでも筋肉に栄養を与えたいもの。そんなわけで、はじめからプロテインではなく筋増強にかかわるアミノ酸だけ凝縮した錠剤を摂取したほうが効果的に筋肉を補強できるという話です。

2.不純物がない

海外のHMBサプリメントは外国産であり不純物がたくさん含まれているとのこと。そのため、せっかくのHMBサプリメントを摂取したところで効果も下がってしまう。しかし、マッスルエレメンツの場合は不純物がほとんど含まれていないらしいです。

しかも、純国産のHMBのみを使用しているとか。つまりは、高品質なHMBサプリメントということです。このため、いつもトレーニングをされている人であればトレーニング前に飲んだり、途中、終了時に飲めばその効果も期待できるだろうとのこと。

3.クレアチン配合

HMBをクレアチンと同時摂取すると効果的だというのが臨床実験で明らかになっていますから、HMBサプリメントにクレアチンが含まれているものも多いのです。クレアチン単体で摂取するだけでも筋肉の水分量を増加してくれますからそれだけで筋肥大が望めるのです。

実際にパワーは上がるのか?というと普通にパワーは上がります。ただ、筋肉増強剤でもありませんのでそこまで大きくは変化しません。ベンチプレス100kgを7回しか上げられなかったのが8回、9回ぐらいにはなるかなという期待値です。

しかし、そんなクレアチンを摂取するとなるとステーキ1kgは必要になります。これではかなり効率が悪いですよね。というか、毎日ステーキ1kgも食べていたら絶対病気になります。ということでサプリメントから摂るのが効率的。

4.パフォーマンス向上の栄養素

細胞にはそれぞれエネルギーを作るための発電所のようなものがございます。それが、ミトコンドリアが合成しているATP(アデノシン三リン酸)になります。このエネルギーの産生を補助するのが、COQ10、α-リポ酸、クエン酸といったものです。

例えばクエン酸なんかよくトレーニング中に飲んでいる人がいますが、DNAの周囲にあるたんぱく質の修復にも関与しているため疲労回復に効果的なのです。このように、トレーニングをしてもすぐに疲労が蓄積してしまったり。。。

なんだか今日は調子が上がらないというようなことを避けるためにパフォーマンスを高めるような栄養成分がたくさん配合されているわけです。そういった意味ではやはりトレーニング中とかトレーニング前に飲むのは有効でしょうね。

5.筋トレに重要なアミノ酸

マッスルエレメンツには筋力トレーニングにおいて重要だと思われるほかのアミノ酸が配合されています。それが、オルニチン、アルギニン、ポリアミンです。オルニチンといえばシジミなどに含まれていることで有名ですよね。

肝機能の向上に効くといわれていますが、実は新陳代謝を向上させたり、疲労回復にも有効なのです。アルギニンであれば成長ホルモンの合成を促すので筋トレとは相性が良い。ポリアミンは新陳代謝。

また、ブラックジンジャーも含有されていますと記載されていましたがブラックジンジャーの成分といえばアルギニンですから新陳代謝の向上といったところでしょう。このように、トレーニングと相性が良いアミノ酸が含まれています。

6.11種類のビタミン&18種類のアミノ酸

食生活が偏るとやはりビタミンは不足しがちになります。そういった意味でマルチビタミンの要素を含んでいると思われますね。アミノ酸に関しても体のバランスを考えると筋肉だけではなく多種のアミノ酸があったほうが良いでしょう。

早速マッスルエレメンツを突っ込んでみる。

これまでマッスルエレメンツの良いところをお話ししてみましたが、ネットではいろいろな方々が絶賛しまくっています。欠点が一切ないようなレビューもありましたが、僕はホームページを読んでみていろいろと気になったところもありましたのでそれについて突っ込んでみます。

1.プロテインよりもよいの?

僕個人的にプロテインというのは素晴らしいサプリメントだと思います。実際、多くのトレーニーやダイエッター、健康オタク、ボディビルダー、パワーリフターが愛用しています。なぜ、プロテインがそんなに良いのか?

それは、アミノ酸スコア100であれば手軽に必須アミノ酸を摂取することが可能だからです。さらに、アミノ酸サプリメントよりも格安です。体の中で合成しなくてはいけないという手間がありますから少し安いのかもしれません。

しかし、アミノ酸のバランスってめちゃくちゃ重要で、筋肉をつけるだけならロイシンでいいと思いますが、髪の毛、皮膚、血液、内臓、ホルモン、血管などなど。こういったタンパク質を作り上げるにはほかのアミノ酸が必要なわけです。そうなるとプロテインの存在は無視できないでしょ。

2.海外だとなんでダメ?

海外のHMBが不純物が含まれているから、マッスルエレメンツのほうが良いというのが少しよくわからないです。あんな画像はいくらでも作ることは可能ですし、海外のHMBサプリメントをすべて調べ上げたという根拠はどこにもない。ということでここはちょっとやり過ぎでは?と思います。

マッスルエレメンツHMBのトレーニング効果を上げるには?

HMBが良いと巷では騒がれているのですが、どちらかといえば中級者以上の熟練トレーニーには効果が薄く、トレーニングを始めたての初心者には効果が大きいという傾向にあるようです。まあ、それはトレーニングを常にやっているので、ずっと筋増強が右肩上がりに増えていくということもなく途中で下がったり停滞するのが普通ですから。

はじめのほうは比較的伸びますが、あとは停滞しながら徐々に上がっていく感じ。そーいう意味では上級者への効果は薄い傾向にあるんです。それをご理解いただいたうえでマッスルエレメンツの効果的な使い方をいくつかまとめとめてみましたので参考までにご覧ください。

1.プロテインと併用する

プロテインはアミノ酸のバランスを維持するうえで重要なサプリメントです。また、筋肉系のアミノ酸で重要なものをもう一つ忘れてはいませんか?それが、グルタミンです。人間の体のアミノ酸の6割はこれでできています。

免疫細胞の栄養源にもなりますし、筋肉の分解を抑えるのでこれも必要です。理想的なのはプロテインはマルチビタミンと似たようなものでアミノ酸の土台を作れます。この上で、HMBやグルタミンを摂取することで筋肥大の効果も大きくなります。

なによりも、アミノ酸のバランスが整うということなので筋肉だけではなく骨も強化することができるわけです。骨のイメージはカルシウムですがカルシウムだけだと固くてすぐに折れてしまいます。骨がしなやかな固いゴムみたいでいられるのはタンパク質のおかげですからね。

2.運動と併用する

もちろん、HMBを飲んだからと言って筋肉がつくことはありません。それは、もはやアミノ酸ではなく筋肉増強剤です。ですから、運動を全くする気がないならば効果がないので買わないほうが良いです。

特に、ウエイトトレーニングなどは筋肉への負荷が大きくなりますからその分分解もしやすくなるのです。そのため、トレーニングを行う前に1粒、トレーニング後に1粒飲むのも良いですし、トレーニング時間が長い人やハードなメニューをこなすならトレーニング中に飲むのもありです。

そして、ジムから帰宅したら家ではプロテインを飲むようにすればよいでしょう。そんな感じで、プロテインとアミノ酸の使い分けをしていけばトレーニングによる筋肥大効果もかなりアップできるのではないかと思います。