スレンダーマッチョプラスが12日で効果が期待できるのは嘘でしょ。

今日はスポーツジムでベンチプレス110kgを可動域をしっかりと意識したやり方で10回×3セットでやりましたが結構効きますね。挙上量を更新していくことも重要ですが、途中途中フォームの見直しというのも重要ですよね。

フォームを修正すると挙上量を下げて効率よくトレーニングを行うこともできます。筋トレというのはこういう地道な努力が必要になるわけです。そして、徹底的に最後まで自分を追い込んでいく。それがないと超回復は期待できません。

そんな中でまたまた見つけてしまいました。怪しい加圧シャツ。。。加圧シャツというものが登場してすでに10年以上も経過しているのですが最近まで巷でものすごく話題になっています。なんでも、テレビ、雑誌などで「着るだけで痩せる!」という風に紹介されたらしいです。

スポンサードリンク



まあ、面白そうなものがありますとメディアも取り上げたくなりますからね。ただね。僕、思うんですよ。絶対タレントさんは「んなわけねぇ~だろ。」と心の中では思っているはず。そんな中で、スレンダーマッチョプラス。

この加圧シャツが結構と話題になっているのですがホームページを見る限り情報商材以上に胡散臭さが伝わってきます。もちろん、僕は加圧シャツを着ただけで効果を得ることができないと思っているので今回もバッサリと斬っていきたいと思います。

スレンダーマッチョプラスの効果を否定する4つの理由

1.12日間着るだけで痩せるのか?

ホームページを開くと、太っている人の画像と筋肉質の人の画像が載っています。明らかに別人か合成でしょうね。「ウエスト-8.3㎝」「体重-5.3kg」とありますが、まず、脂肪だけ5kg以上も落とすとなるとボディビルダーですらそんな短期間では無理です。

脂肪を落とすのは1か月で1~2kg程度が限界です。ハードなトレーニングを行ったところでそんなに早く落ちるものではないのです。それに、脂肪が5kgも減ると仮定すると最低でも36,200キロカロリーを消費する必要があります。

12日間であれば1日あたり3000キロカロリーを燃焼する必要がありますね。果たして、加圧シャツを着ただけでそれだけの消費カロリーが期待できるのか?と考えるとどう考えても信じられないでしょう。もちろん、この画像は脂肪だけではなく筋肉も落ちてこれなのかもしれませんがそれにしてもまず無理だろうなという数値です。

2.年齢別基礎代謝量の比較で矛盾を暴露している(汗)

このデータをさらすということは自分で「この加圧シャツの結果は嘘ですよ。」といっているようなもんです。自分で自分の首を絞めていることに気が付かないのでしょうか?未使用時と試着時の消費カロリーの差が150キロカロリー程度しかないのです。

白米一善分を我慢したのと同じ程度になりますが、これでは当然3000キロカロリーには届きません。それを考えても12日間であれだけのビフォーアウターを成立させるのは100%おかしいということが発覚しました。

運動すればあれだけになるのでは?という見解もあるでしょうが、「12日間着るだけでこの変化!」という謳い文句が掲載されていますからこの時点でアウトです。そんな感じでいろいろな角度から見ても、胡散臭さが消えません。

3.加圧トレーニングではない

加圧トレーニングの仕組みを理解しているならば、絶対に加圧シャツが加圧トレーニングと同じものとは思えません。加圧トレーニングとは、専属のトレーナーの指導の下専用の加圧ベルトで血管を締め上げて血流を制限します。

これにより、心臓の近くに血液が一時的に停滞させるのです。すると、血中の乳酸値が上昇しますので脳が過度なトレーニングを行っていると判断します。結果的に脳下垂体から成長ホルモンが分泌されるというものです。

加圧トレーニングとは?メリットとデメリットで効果を考える。

2017.03.26

さて、加圧シャツでこれは実現できるでしょうか?できるわけがないです。ベルトで動脈、静脈を圧迫させるからこそ初めてそれだけの効果がられるのです。圧迫の強いパツパツのシャツを着たからってどーにもなりません。

4.24時間着ることができる

24時間着続けることができるという時点で圧迫は非常に弱いと判断できます。強すぎるのであればそれを着て眠るのも困難でしょからね。それに、その程度の負荷なので逆に考えると加圧によるダイエット効果はかなり薄いと考えられます。

スポンサードリンク



スレンダーマッチョプラスは使い物にならない?

では、これだけスレンダーマッチョプラスを否定してきましたが、実際問題この加圧シャツは使い物にならないどーしょーもない商品なのか?というとそーいうわけではありません。本来の加圧シャツの使い方をすれば別にいいと思います。

例えば加圧トレーニングを行うときにインナーとして使うとか、ジム、ランニング、自宅トレーニングなどのトレーニングウェアとして使用するなどです。普通のトレーニングウェアよりも圧迫の力が強いわけですから軸を作りやすいという点ではいいですよね。

姿勢を整えた状態で有酸素運動やウエイトトレーニングなどを行えばパフォーマンスも向上しますし、ダイエット効果、筋トレ効果も高まるというのはわかります。しかし、加圧シャツというのはその程度のものであり、着用しただけでどうにかなるというものではありません。

何においてもそうだと思うのですがこの世にはドラえもんの道具は存在しません。ですから、着用しただけで筋肉がつくとか、着用しただけで痩せるとか、淡い期待を抱いて購入すると後ほどがっかりするでしょうね。

逆に、筋トレをするために購入するとか、ランニングをしているからトレーニングウェアがほしいから購入するなど、自分が普段行っている運動にプラスアルファするという意味であるならば全然良いと思います。

↓ ↓ ↓

>>HMBで筋肉増強!ランキングにしてみました。

スポンサードリンク



おすすめコンテンツ

効率的に筋肉を増やすならこのサプリ!
↓ ↓ ↓

HMBサプリメントをランキング形式に比較してみました。

2017.05.28