筋トレにアルコールは最悪だ!筋肉成長を考えるならお酒は控えめに。

お酒が大好きなトレーニーも多いでしょう。ジムで一汗かいて気持ちよくなったらそのまま家に帰って一杯やる。近所の飲食店によってビールを1杯飲んでから帰宅。なんてのはアルコール大好きな人にとってはたまりませんよね。

ちなみに、僕はジムでトレーニングを終えてからお酒を飲むということはしません。まあ、そもそもあんまりアルコールが強くないというのもありますが、実は筋トレとアルコールの組み合わせって筋肉にとっては最悪なのです。

スポンサードリンク



もし、あなたがトレーニングを終えた後にお酒を飲んでいる。それで、筋トレ効果が思わしくないならば確実にアルコールが影響しているでしょう。ガチで筋肥大だとか、筋力アップを考えるならアルコールの摂取の仕方を考えるのをおすすめします。

そこで、本日はどうして筋トレとアルコールの組み合わせはあまりよくないのか?もし、アルコールが大好きならばどうやって筋トレと組わせていけばよいのか?そのことについてお話ししていきたいと思います。

筋トレ後のアルコールが最悪だと思う理由とは?

そもそも、どうしてトレーニングを行った後にアルコールを摂取するのはマズイのだろうか?アルコールをジュースと同じ感覚で飲んでいるとアルコールに対する意識というのは低下するでしょう。しかし、アルコールって飲み方を間違えると諸刃の剣でもあるのです。

1.内臓が疲労困憊する

特にこれは肝臓ですよね。筋力トレーニングを行うと酷使した部分の筋繊維を修復しようと内臓が働きます。タンパク質を供給するため血管を介して運搬を行うのです。もちろん、このときは肝臓はフル活動していますので負担は大きいですよね。

トレーニング後にプロテインを飲む。トレーニング前、中、後にアミノ酸を摂取するというのも体に供給しておいたアミノ酸をこのときに使うためです。しかし、もしここでアルコールを摂取するとなるとどうなるでしょうか?

ただでさえフル活動している肝臓がアルコールまで分解しないといけなくなります。そうなったら忙しくて仕方がありません。これによりどれも中途半端になります。アルコール分解、筋肉の修復、結果的に翌日なんだか疲れが取れない。こんなことが起こるのです。

2.テストステロンの分泌低下

テストステロンをご存知ですか?男性ホルモンの一種になりますが、筋骨の強度を高める、身長アップなどにおいては必要不可欠なホルモンです。これの濃度が低いと筋肉の成長も妨げられてしまいます。

もちろん、テストステロンだけ強ければよいという問題でもないです。筋繊維にどれだけ負荷がかかっているか?神経のリミッターが解除されるようなトレーニングをしているか?など筋トレの内容も重要なります。

まあ、テストステロンの強さは筋肉を増強する条件の一つといえます。ですから、トレーニングの割に筋肉が増強できていないならばもしかしたらテストステロンが低いということが疑われます。ちなみに、アルコールはテストステロンの分泌を抑えます。

余談ですが、女性ホルモンのエストロゲンの分泌も抑えるんです。そういうことなので、トレーニングの後にアルコールを飲んでしまったら筋肉の成長に大きな悪影響を与えかねないのです。そういうことからも筋トレ後にお酒を飲むというのは禁断の行為でもあるのです。

3.コルチゾールの分泌

コルチゾールとはストレスホルモンでもあり筋肉の分解を促します。特に、ウエイトトレーニングで思いっきり筋肉を追い込んだりするとこれが分泌されます。そのため、一刻も早くアミノ酸や糖質を摂取するわけです。

これにより筋肉が糖へ分解されるのを抑えるわけです。ほかにもボディビルダーの人たちは空腹を嫌いますのであえてお腹が減らないようにこまめに食事をとる習慣を意識されていることが多いです。これもコルチゾールの分泌により筋肉が糖へと分解されるのです。

ただでさえコルチゾールが分泌される状況下でお酒を飲んだらどうなるでしょうか?はい、アルコールを摂取するだけでもコルチゾールが分泌されますからせっかく鍛えた筋肉が発達するどころか糖質へと分解されて終了。となります。

スポンサードリンク



トレーニーがお酒を飲む3つの心得!

以上のようにアルコールとトレーニングがどれだけ相性が悪いのか?というのをお話ししました。なので、ジムで筋トレを終えたらそのまま居酒屋に行くというのは筋肉の成長を考えたらマイナスでしかありません。そこで、トレーニーがお酒を飲む上での心得を書いてみました。

1.筋トレ前後にお酒は飲まない

僕の友人でビールを20杯飲んでからジムに行くちょっと変なトレーニーがいますがそれも最悪です。確かに筋トレ後ではなく筋トレ前だからいいでしょ。というご意見もあるでしょう。しかし、アルコールが体に入ったということは先ほどの3つの問題が発生します。

そのため、筋トレをする前だろうが、筋トレをする後だろうが関係ないのです。とにかく筋肉の分解を避けたいのでもしアルコールを摂取するのであれば筋トレはしない。筋トレをするのであればアルコールは摂取しない。このように、筋トレとアルコール摂取の時間を離すことが重要になります。

2.トレーニング時間を短くする

がっつりと追い込みたいという気持ちのトレーニーもいるでしょうが、筋トレの時間を60~75分程度に抑えておきましょう。長い時間やりたいなら朝、昼、晩に分割して行うほうが良いです。なぜなら、筋トレの時間が長いとコルチゾールが大量に分泌されるからです。

逆に、60~90分までに抑えておけば最小限の分泌で済みます。もし、アルコールを摂取するならトレーニングを終えたら4時間時間をおいてください。なぜ、4時間かというとタンパク質が完全に吸収されるのが大体それぐらいだからです。

本当は飲まないほうが良いのですが、破壊された筋肉に栄養が行き届いてからであればトレーニング直後に飲むよりはずいぶんマシになります。分解のリスクも大幅に抑えることができますが、あくまでも摂取量はほどほどに。

3.必要な栄養素を補給

アルコール分解に必要なのはビタミンB群です。マルチビタミン&ミネラルと同時にビタミンB群のサプリメントを飲んでおきましょう。そして、これと同時にアミノ酸やプロテインを摂取するとよいという話もありますが、肝臓の負担が大きくなるので個人的にはプロテインはおすすめしません。できれば、アルコールと一緒に取るなら食事からのタンパク質が良いでしょう。

以上のように解説さていただきましたが、なんだかんだ言いましてもベストなのは筋トレした日はお酒を飲まないということです。筋肉の成長を本気で考えるならこれが一番良い方法です。友人などの付き合いがある日は逆に筋トレを控えるべきです。

↓ ↓ ↓

>>HMBで筋肉増強!ランキングにしてみました。

スポンサードリンク



おすすめコンテンツ

効率的に筋肉を増やすならこのサプリ!
↓ ↓ ↓

HMBサプリメントをランキング形式に比較してみました。

2017.05.28