モンスターエナジーカオスに筋トレ効果はあるのか考えてみる。

今更なのですが、モンスターエナジーカオスを買って飲んでみたのでレビューしたいと思います。その前にモンスターエナジーカオスの概要から入りたいと思います。リニューアル前にモンスターエナジーカオス缶というものがありました。

2016年5月にパッケージを変更してすべてオレンジ色。ブラックの基調はなく、モンスターエナジーウルトラのようなに缶に凹凸のデザインが施されています。巷のうわさではなかなか販売されていないらしいですね。

確かに、ファミリーマートやセブンイレブンへ行っても売っていませんでした。「マルエツ」というスーパーにたまたま置いてあったので購入。税込み205円で手に入りました。エナジードリンクでは普通のお値段ですね。

このように全体がオレンジ色。プルタブもオレンジ色になっています。

原材料名:果実(りんご、オレンジ、もも、タンジェリン、パインアップル、ぶどう)砂糖(砂糖、ぶどう糖)高麗人参根エキス、L-カルニチンL酒石塩酸、塩化Na、ガラナ種子エキス、クエン酸、香料、炭酸ガス、甘味料(0-リボース、スクラロース)L-アルギニン、カフェイン、クエン酸Na、着色料(β-カロチン、アントシアニン)、ナイアシン、イノシトール、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB12

栄養成分:エネルギー35kcal、たんぱく質0g、脂質0g、炭水化物09g、ナトリウム10mg、ビタミンB20.7mg、ナイアシン8.5mg、ビタミンB6 0.8mg、ビタミンB12 0.7~6μg、L-アルギニン125mg、D-リボース 125mg、高麗人参85mg、L-カルニチン3mg、カフェイン40mg

モンスターエナジーはそれぞれ成分が若干異なります。例えば、カオスは乳化剤は含まれていないようです。アブソリュート、ウルトラはがっつり記載されていますね。また、カオスはビタミンB群が多い印象です。

味はやっぱり果汁が含まれているということがありましてフルーティーな感じがします。炭酸+果汁。オレンジだけではありませんがそれが強いですね。糖質は含まれているのでダイエット向きではありませんがぐびぐびイケちゃいますね。

筋トレ効果を考えるならカフェインとぶどう糖ですかね。カフェインで体を覚醒させればやる気が出るのでトレーニングのパフォーマンスをあげることができるでしょうし、血中にブドウ糖を回しておけば筋肉の分解も抑えることができます。そういったことではカーボドリンクの役割も果たせそうです。

僕個人的にモンスターエナジーをどれを飲むかという話になったらカオスを選ぶかもですね。とはいうものの、いずれにしても常飲するのはあまり健康的には良くないと思いますのでたまーに飲む程度でいいと思います。