オキシメトロン/オキシポロンの筋肉増強効果はすごいけど副作用もある。

本日はオキシメトロン。別名、オキシポロンという筋肉増強サプリメントについてお話ししたいと思います。

「筋トレは非常に効率が悪い。」「遠回りしないと強くならない。」「しかし、楽して強くなることは意味がない。」などとある有名なトレーニーがコメントされていたことがありましたが、どちらかというと僕もそう思います。

スポンサードリンク



また、筋トレの効果を上げるトレーニングのやり方を自分なりに勉強検証する。さらには、どんな栄養を摂取すればよいのか?栄養学についても勉強する。そして、少しずつ結果を伸ばしていくというのも筋トレの面白さでもあります。

ちなみに、ベンチプレス100kg挙上できるようになるぐらいであればそこまでサプリメントにこだわる必要はないかと思います。しかし、「筋トレを頑張っても思うように結果が出ない。」「なかなか限界の壁を突破できない。」

と、焦ってしまう人もいるでしょう。「どうせならもっと効率的に肉体改造をしたい!」など。僕からすればそれは邪道だと思いますが、裏技的な方法もないことはないです。オキシメトロン。別名をオキシポロンといいます。

これは筋肉増強剤であるアナボリックステロイドが配合されている怪しいサプリメントです。そこで、本日はこのオキシメトロン/オキシポロンが一体どのような効果をもたらすのか?副作用は大丈夫なのか?この辺りをお話ししたいと思います。

 

オキシメトロン/オキシポロンとは一体何か?

オキシメトロン/オキシポロンとはアナボリックステロイドの一種です。経口摂取でタンパク質の同化効果をもたらすステロイドホルモンの総称をアナボリックホルモンといいます。アナボリックステロイドは古くからスポーツ選手の間でドーピングとして重宝されてきました。

短期間で、筋肉を増強できるものすごい効果をももっているステロイドですからね。適切な食事、高強度のトレーニングと組み合わせサプリメントのように摂取することで通常では考えられないぐらいの筋肉増強効果が見込めるとされているのです。

かつては、有酸素運動の能力向上から、重量挙げの選手、ボディビルダーが使用していたといわれています。もちろん、現代のオリンピックでは当然ドーパミンは使用禁止になっておりますので尿検査などが実施されています。

また、医療面でも使用されていまして、骨粗鬆症、肝疾患、HIV、やけど、怪我、など消耗症状のある病気に対して、たんぱく質同化作用があることから治療薬として利用されていきました。

オキシメトロン/オキシポロンの効果はどうなのか?

1.筋肉増強

これまでの説明からもオキシメトロン/オキシポロンは、経口摂取により短期間で筋肉増強効果が期待できると考えれます。確かに、よほどの特異体質ではない限り筋肉がつかないということはまず考えられないのです。

「頑張っても筋肉が増強できない!」という人は、「ドロップアウトまで追い込んでいない。」「栄養が足りない。」「休息が足りない。」「フォームがテキトー。」「マッスルコントロールがなってない。」などいろいろな原因は考えられますが、オキシメトロンを使用することで筋肥大は期待できるでしょう。

普段の食事、トレーニングに合わせてオキシメトロン/オキシポロンを経口摂取します。ただ、たんぱく質同化ですからタンパク質の摂取は必要になります。そのため、プロテインや高たんぱくの食事と組み合わせると効果的だと考えられます。

2.脂肪燃焼

筋肉を増やすと必然的に基礎代謝も上がりますので脂肪燃焼効果は見込めるはずと私は考えます。しかし、この一言で終わらせてしまうのは全く面白くはないので。。。とあるデータを提示したいと思います。

プラセボ群。つまり、有効成分の効果を確認するために「オキシメトロン」と思いこませて疑似薬を飲ませたグループ。効果がないと思って飲んでいたら当然効果はないです。なので、プラシーボ効果を与えるのです。

それに対して、50mg、100mgのオキシメトロンを摂取したグループは前者(-1.7kg)、後者(-2.2kg)の脂肪量の減少がみられたというのです。また、これに参加した層というのも高齢者ですからね。逆に考えると代謝が衰えている高齢者でも劇的な変化が見られたということになります。

スポンサードリンク



3.心肺機能の増加

これは、有酸素運動の能力向上ということもあるようにわかっている話なのですが、そもそも、筋肉が増加するということはそれだけ血液を送り込む必要があるということにもなります。ですので、必然的に内臓が大きくなるのです。

もし、ここで内臓が進化できなければ血液をそれだけ送り込むことができないため運動能力も低下します。ちなみに、筋肉が1kg増えるだけで1日当たりの基礎代謝が50キロカロリー消費されるといわれているのですね。

オキシメトロン/オキシポロンの副作用はある?

1.男性ホルモンの減少

経口摂取することによって男性ホルモンが十分に分泌させることができるので自ら体の中で男性ホルモンを分泌させる必要がないと、脳が判断します。そのため、デフォルトの状態ですと男性ホルモンが減少してしまいます。

ちなみに、マウスの実験ですとFSH・LHホルモン、男性ホルモンが40〜50%ほども減少しているのです。ただ、これはオキシメトロンに限ったことではなくどのタイプのアナボリックホルモンでも起こり得ることです。

これをマイナスととらえるか?どっちでも良いことととらえるかは人それぞれですね。まあ、飲み続けるのであればデフォルトの男性ホルモンの量が減少するので少しどうかと思います。常に、オキシメトロンを飲まないと男性ホルモンが出ないような体になるかも。。。これはわからないです。

2.女性化

まあ、いろいろなステロイドがありますね。よく、ステロイドの副作用で太ってしまったなど聞きますが、アナボリックステロイドのように男性ホルモンの濃度を高くするものは反動で体がそれを抑えようと作用し、女性化させることがあるようです。

実際に、アナボリックステロイドを投与したマッチョマンの画像を見ると、体全体がムキムキ、もちろん大胸筋もしっかりと出来上がっている。ところが、乳首の辺りが少しふっくらと女性のようになっているのです。

このように、しっかりと筋肉を増強することはできるものの乳房ができるというリスクもあります。ただ、先ほどの高齢者の実験ではそういったことはありませんので摂取量や飲み方の問題の可能性があります。

3.生活習慣病のリスク

人間の体には善玉コレステロールと悪玉コレステロールがございますがこのバランスが崩れると健康を害することになるのですが、善玉コレステロールが優位な分には問題ないという説もありますね。ちなみに、オキシメトロンを摂取すると善玉コレステロールの数値が低下するということが分かっています。

ほかのサイトでは一時的なものだから問題はないと断言しているものもありますが果たしてそうなのでしょうか?これが心臓の負担となりアスリートが死亡したという事故も実際にありますのでもし摂取すると考えるなら他人事と思ってはいけません。

スポンサードリンク



ほかにも、空腹時の血糖値上昇、循環器疾患、冠動脈疾患、ニキビ、高血圧、がん、など生活習慣病のリスクも懸念されています。それこそ、現在、生活習慣病を患っていたり、何かの病気で通院しているなら一度医師に相談することをおすすめします。

4.肝臓への負担

プロテインアミノ酸も過剰摂取は肝臓への負担が懸念されますが、オキシメトロンはそれ以上に強いです。17αアルキレート加工という特殊な加工を施されているのでなかなか肝臓で分解できないというのが大きな理由です。それこそ、アルコール摂取して肝臓での分解を行っているときにはあまり飲むの推奨できないですかね。

どうしてもオキシメトロンで筋肉増強したいなら。

1.摂取量を守る

どうしてもオキシメトロンを摂取するならば必ず摂取量を守るようにしましょう。度を超えて摂取してしまいますと先ほどのような副作用を招く危険性があります。一応、1日100mgのものもございますが、まずは50mgから。

それも、1日25mgを二回に分けて摂取することからスタートです。これだけでも効果はあるという書き込みもありましたが、もし、摂取量を増やしたいなら徐々に様子を見ながら増やしていくことをおすすめします。

2.筋肉増強剤だけではだめ?

たまに、筋肉増強剤のサイトをみると「オキシメトロンだけで十分!」と書かれてあったりもしますが、オキシメトロンはタンパク質合成を促すステロイドです。そのため、元となるたんぱく質が必要になります。プロテインアミノ酸、筋トレ。これがないと効果的な増強は難しいでしょう。

3.劇的な筋力アップは難しい?

筋肉増強剤はあくまでも補助。例えばすごいムキムキな人でも意外と力がない人がいます。プロ野球選手のアレキサンダー・アルベルト・カブレラの前腕は38cmと40㎝近いのにも関わらず握力が68.4kgと、前腕29㎝の僕と握力は左程変わらないです。

要するに、筋肉の増強ができても神経の発達ができていないと大幅なパワーアップは難しいのです。ですので、マックス重量を更新するトレーニング、10レップ×3セットのトレーニングなどは行う必要があります。

むしろ、オキシメトロンばかりに頼っていてこういうトレーニングを行わないというのであればあまり筋力増強はできないとは思います。ですので、もし、オキシメトロンを使うんであってもこういう地道なトレーニングは避けられないです。

 

スポンサードリンク



おすすめコンテンツ

効率的に筋肉を増やすならこのサプリ!
↓ ↓ ↓

HMBサプリメントをランキング形式に比較してみました。

2017.05.28