筋トレの若返り効果!肌も内臓もきれいに若返る秘密とは?

本日は筋力トレーニングを行うことで若返りが効果が期待できるというお話をしたいと思います。

筋肉を強化するとか、筋肉を肥大させるとかではなく、美容や健康のためにスポーツジムへ通ってトレーニングを行っている人も多いかと思います。これは正しいことだと僕も思います。例えば肉体面であれば人間は足から弱っていきます。

足は弱りにくく、弱りやすい箇所です。どういうことかというと、常に重心を支えているわけなので筋肉がそんなに衰えることはないのですが、寝たきり状態や座った生活を送っているとすぐに弱るということです。

スポンサードリンク



そうならないためにも、まずは足から鍛えていくという考えは結構大事です。そして、食事面を気を付けたり、内臓を活性化することもできるのでお肌もきれいになります。どんなトレーニングを、どんな食事生活を送っているかにもよりますが、トレーニーの顔を見ると全体的に年齢よりも見た目が若い人が多いような傾向にあります。

さて、それはどうしてなのでしょうか?そして、どういったトレーニングを行うことで若返りを実現することができるのか?それについて思ったこと、僕が考えていることをいろいろと書いてみました。

筋肉のために栄養学を学ぶ熱心なトレーニーは若くなる。

筋肉を成長させるためには体のことを理解したほうが良いので、解剖学や栄養学についていろいろと勉強したほうが都合が良かったりします。そうなると、筋肉だけではなくトータル的に体のことを理解できるので美容健康についても詳しくなります。

1.なぜタンパク質が必要なのか?

トレーニーは当たり前のようにプロテインアミノ酸サプリメントを飲んでいますが、なぜわざわざそこまでする必要があるのか?ということなのです。それは、たんぱく質の摂取量が食事から満たすのが困難だからです。

タンパク質の必要量とは?食品のみだと摂取量は不足してしまう?

2017.02.02

筋肉の成長にはタンパク質が必要ですからそれを満たすためにプロテインをガンガン飲むのです。ただ、ここで気が付いてほしいのはタンパク質で成長できるのは筋肉に限ることではないのです。私たちの体すべてがそうなんです。

内臓、血液、血管、筋肉、神経、皮膚、爪、髪の毛、骨。。。と細胞で構成されているものはすべてタンパク質です。ですので、プロテインで1日の摂取量を満たすことで、筋肉だけではなく内臓もきれいになりますし、肌もきれいになる。この効果が期待できるのです。

筋肉をつけよう!と思ってプロテインを飲んでいるトレーニーは筋肉以外の部分はそこまで意識されていない人が多いかと思いますが、たんぱく質をたくさん摂取しておくことで代謝に追いつけるので結果的に肌はきれいになるということです。

2.なぜマルチビタミンミネラルを飲むのか?

マルチビタミンミネラルはどちらかというと美容健康を意識されている人が飲むサプリメントのように思えますが、トレーニーにも重宝されているサプリメントです。その理由はアミノ酸の吸収率を高めるからです。

プロテインやアミノ酸サプリメントだけを飲むよりも、同時に脂質やビタミンB群、亜鉛などを摂取したほうがタンパク質の吸収率を高めることができるからです。また、ビタミンCも栄養を筋肉に運搬する効果が期待できるとされていますからね。

そのために、かなり推奨されているサプリメントではありますが、プロテインとマルチビタミンミネラルを飲むのはお肌にも良いのです。よくコラーゲンドリンクが販売されていますがあれを飲んでもコラーゲンにはなりにくいでしょう。

スポンサードリンク



グルコサミンと同じ理屈でその成分を飲んだからと言って消化分解されてグルコサミンやコラーゲンにも一部はなるでしょうが、すべてなるわけではなく様々なパーツになると考えられます。ですので、材料を摂取したほうが良いのです。

それが、たんぱく質、ビタミンC、鉄、脂質、水です。これを同時摂取することで肌がぴちぴちに。コラーゲンが作られるのでトレーニングをしている人はお肌もぴちぴちだったりするんですね。脂質だったらフィッシュオイルを摂ればいいです。

3.なぜ水を大量に飲むのか?

トレーニングを行っている最中はもちろんのこと。非常に汗をかくためあらかじめ体水分量をキープしておくことでトレーニングのパフォーマンスを高めやすくなるのです。そして、筋トレをすると基礎代謝が上がるので汗もかきやすくなります。

すると、水分を欲しやすくなりますので水は飲みます。また、クレアチンなんかを飲んでいる場合は水はたくさん飲むトレーニーは多いのではないかと思います。なぜなら、クレアチンは筋肉の水分量を高めその面積を増やします。

結果的に、筋肉量が増えることになるのです。これを行うなら常に水は飲んでおいたほうが良いのです。よって、トレーニーであれば水はぐびぐび飲む人も少なくはないわけですが、2%水分を失うだけでのどが渇くといわれています。

ちなみに、細胞の水分がなくなったらその細胞は死滅して元通りになることはありません。もちろん新陳代謝で入れ替われば話は別でしょうがね。そうなると、細胞が損傷すると同じ事ですので肌の老化、劣化の原因になるのです。だけど常にたくさんの水。理想は1日2リットル以上。ちなみに僕は4リットル以上飲んでいますがこういう生活を送っていると肌の水分量も保てるのでぴちぴちになれます。

有酸素運動よりも筋トレのほうが老けない?

栄養学のほかに、どういった運動を行うかで若返るのかが決まってきます。スポーツ選手を見てもなんとなくわかると思いますが、マラソンランナーでお肌がぴちぴちな選手ってあんまり見ないですよね?なぜかわかりますか?

1.ハードな有酸素運動はおすすめしない。

走ることの達成感はあると思うのですが、若返りを考えるなら激しい有酸素運動はあまりおすすめできません。例えば、毎日10km、20kmとか。それ以上走るような運動というのは活性酸素を大量に出すからです。

体に取り込んだ酸素が特定の物質に化合すると酸化を起こすわけですが、有酸素運動は常に血液を経由して大量の酸素が体中に送り込まれ続けるわけです。そうなると、常に参加を促すようなことをしているようなものなので。。。ちなみに、フルマラソン1回行うだけで普通に生活している1年分の活性酸素を出すといわれているので劣化はガンガン進みます。

ただ、有酸素運動はすべてダメか?というとそういうことでもありません。要は、ウォーキングや体操など疲れないほどの有酸素運動なら一番程よい運動で逆に若返り効果が高いと考えられるのです。まあ、何でもかんでもやりすぎはダメということです。

2.ウエイトトレーニングは大丈夫なのか?

ウエイトトレーニングで体が老ける、老けないというのもやり方によると思うんですよね。確かにウエイトトレーニングは重たい重量を持ち上げるときに呼吸を意識したとしても心臓はバクバクになるのである程度活性酸素は出ているでしょう。

スポンサードリンク



例えば、僕のやり方は1日30分。長くても60分以内にトレーニングを終わらせます。それを常にやるわけでもなく週に3~4日程度です。このように、短い時間しかやらない。何度もインターバルをとる。これにより大量に活性酸素を発生させることは防止できるのではないかと考えられます。

コルチゾールの分泌のことを考えながらトレーニングを行うとあまり長い時間トレーニングを行いたくないんですよね。分解されて筋肉量が減ってしまいますから。ですので、マラソンのように長時間やるのではなく、ウエイトを断続的に行うなら体にはいい刺激になって丁度良いと思います。

3.若返りなら自重トレーニングのほうがおすすめです。

しかし、若返りということだけであれば高負荷のウエイトトレーニングよりも、低負荷高レップのウエイトトレーニングや自重トレーニングのほうが活性酸素も出しにくいと思います。ただ、これも長時間やり続けると活性酸素が大量に出ますので、短時間にしておくとよいです。そうなると筋肉量は増えにくいというデメリットはありますけどね。

筋トレと若返りの関係をまとめると。

まあ、こんな感じですかね。結局、筋トレをすると栄養学や解剖学を学び、どんなサプリメントを摂ればよいのか?どんなプロテインを摂るべきか?どんな食事をとるべきか?常に考えて行動するのでそれが一番若返りにつながるのではないかなと思います。

トレーニング内容に関しては有酸素運動よりも筋トレ。もしくは、軽い有酸素運動。これまでの説明のようにこのほうが活性酸素を出しにくい運動なので劣化もしにくいのです。確かにハードに1日中ジムで鍛えこんでいるような人とかは劣化していますが。

普通にやっているウエイトトレーニー。僕みたいにそんなに筋トレに時間を使っていない人は全然劣化しません。むしろ若返っています。また、就寝する時間もあるかもしれませんね。成長ホルモンが一番分泌されるゴールデンタイム。

22時~2時まで。ここの時間帯が一番成長ホルモンが分泌されると考えられているのでそれに合わせて睡眠をとっている人は若返りホルモンといわれるだけありますのでその効果も大きいでしょうね。

スポンサードリンク



おすすめコンテンツ

効率的に筋肉を増やすならこのサプリ!
↓ ↓ ↓

HMBサプリメントをランキング形式に比較してみました。

2017.05.28