デッドリフト100kgは序の口?男女の平均重量についてまとめ。

本日はデッドリフトの男女の平均重量についてのまとめ。それについてコメントをしたいと思います。

僕は筋トレのビッグスリーの中でもデッドリフトはかなり重要な種目であると位置づけています。もともと、武術や格闘技をやっていたというのもありまして、身体操作を行う上で背中の力ってかなり需要だと考えているのです。

はじめのうちはバックエクステンションなどのマシンでトレーニングを行うのでも良いでしょうが、慣れてきたらデッドリフトでガンガン腰を追い込んでやってください。もちろん、いきなり無理をすると腰痛のリスクが上がりますのであくまでも徐々にです。

ちなみに、僕もデッドリフトは好んで行っていますが、おおよそ今のマックス挙上量で170kg以上は上がるかな?といったところです。そこで今回はアメリカのサイトで筋トレの種目の平均値を出すツールがありましたのでそれをもとにデッドリフトについてお話ししたいと思います。

実際、現在の自分のデッドリフトの挙上量が平均以上であればとりあえず安心。平均以下であればもう少し頑張ろうという風に筋トレマインドの励みにもなりますから平均値を知っておくというのは結構大事なことなんです。

※ 用語の説明

ビギナー・・・リフターの5%以上。初心者のリフターは、動きを正しく行い、少なくとも1ヶ月間それを実践しています。

ノバイス・・・リフターの20%以上。初心者のリフターは、このテクニックで少なくとも6ヶ月間定期的に訓練を受けています。

インターメディエイト・・・リフターの50%以上。中間リフターは、この技術において少なくとも2年間定期的に訓練されている。

アドヴァンスト・・・リフターの80%以上先進的なリフターは5年以上前から進歩しています。

エリート・・・リフターの95%以上。エリートリフターは5年以上にわたり、強靭なスポーツで競争力を発揮してきました。

デッドリフトの平均重量 男性版

体重60kg

ビギナー 35kg

ノバイス 55kg

インターメディエイト 80kg

アドヴァンスト 109kg

エリート 142kg

体重70kg

ビギナー 40kg

ノバイス 61kg

インターメディエイト 88kg

アドヴァンスト 119kg

エリート 153kg

体重80kg

ビギナー 45kg

ノバイス 67kg

インターメディエイト 95kg

アドヴァンスト 127kg

エリート 162kg

体重90kg

ビギナー 50kg

ノバイス 73kg

インターメディエイト 101kg

アドヴァンスト 135kg

エリート 171kg

体重100kg

ビギナー 54kg

ノバイス 78kg

インターメディエイト 108kg

アドヴァンスト 142kg

エリート 179kg

体重110kg

ビギナー 58kg

ノバイス 83kg

インターメディエイト 113kg

アドヴァンスト 148kg

エリート 186kg

体重120kg

ビギナー 62kg

ノバイス 87kg

インターメディエイト 118kg

アドヴァンスト 154kg

エリート 193kg

おいらの所見

一応、体重をざっくりと抜粋させていただきました。日本人男性の平均体重である60kgから120kgまで10kgずつ追加しています。ちなみに、僕の体重は67kgでデッドリフトは170kg挙上できるので70kgのエリート以上になりますから少し安心しました。

まあ、90kgのエリートぐらいにはなれているのでよかったです。こうしてみると、デッドリフトって100kg挙上できるのってそんなに大したことはないのです。ベンチプレス以上にやっていれば100kgぐらいはすぐに行きます。

僕の知っている体重60kgないハーフ女性でもリフティングの大会で120kg挙上していましたからね。ですので、100kg挙がらないと悩んでいるぐらいならとにかくやりこんでいけばすぐに行きますのでご安心ください。また、100kg超えても普通。むしろ過不足ぐらいなのでもっと上を目指しましょう!

デッドリフトの平均重量 女性版

体重40kg

ビギナー 23kg

ノバイス 39kg

インターメディエイト 60kg

アドヴァンスト 87kg

エリート 116kg

体重50kg

ビギナー 29kg

ノバイス 47kg

インターメディエイト 71kg

アドヴァンスト 99kg

エリート 130kg

体重60kg

ビギナー 35kg

ノバイス 55kg

インターメディエイト 80kg

アドヴァンスト 109kg

エリート 142kg

体重70kg

ビギナー 40kg

ノバイス 61kg

インターメディエイト 88kg

アドヴァンスト 119kg

エリート 153kg

体重80kg

ビギナー 45kg

ノバイス 67kg

インターメディエイト 95kg

アドヴァンスト 127kg

エリート 162kg

体重90kg

ビギナー 54kg

ノバイス 78kg

インターメディエイト 108kg

アドヴァンスト 142kg

エリート 179kg

体重100kg

ビギナー 54kg

ノバイス 78kg

インターメディエイト 108kg

アドヴァンスト 142kg

エリート 179kg

おいらの所見

男女を比較してみると、意外と大きな差はないのに気が付きました。特に、ビギナーの場合は差はありません。変化のあるのは中級者であるインターメディエイトからです。このデータがどこまで市音標性があり、目安だけなので何ともいえませんが。。。

ただ、女性でもデッドリフトで100kgを超えるのはそこまで難しくはなさそうなのが分かりますよね。これもyoutubeの動画でみた話になりますが、初めてデッドリフトを挙上した主婦の女性が80kgの挙上に成功したのです。

もともと運動をされていたそうですが、日常生活、歩行運動などでも無意識に腰に負荷というのがかかっているのでなかなか背筋力は衰えにくいし、弱くなりにくい。こういうところも関係しているのではないかと思います。

参考文献 http://strengthlevel.com/strength-standards/deadlift