バーベルスクワットの男女別平均重量をまとめてみました。

本日はバーベルスクワットの男女別の平均重量についてまとめてみました。またそれについてのコメントを書いてみました。

筋トレのビッグスリー。この中でも一般的に有名なのはベンチプレスなのではないかなと思います。まあ、スクワットはウエイトを担いで行う発想がない人も多いようです。ただね。スクワットってビッグスリーの中でもかなり重要なポジションです。

やはり、下半身の筋肉を鍛えることは何よりも大切です。やはり、常にウエイトを支えているのは下半身になりますからここが弱いとどうしてもスポーツなどで体勢が崩れそうになった時にバランスキープするのが困難であったり。。。

ベンチプレスデッドリフトなどほかのビッグスリーの種目を行うときもそうです。下半身でしっかりとした土台を作ります。もし、これがもろいとパフォーマンスにも影響してきます。脚力が弱いあまりデッドリフトがトップポジションまで挙げられないのは残念です。。。

そこで、バーベルを担いだスクワットはぜひやっていただきたいのですが、まずは自分の平均重量を把握したうえでトレーニングに励むことでモチベーションも上がるのではないかな。と思いまして、こちらでは海外のサイトを参考にスクワットの平均重量をまとめてみました。

※ 用語の説明

ビギナー・・・リフターの5%以上。初心者のリフターは、動きを正しく行い、少なくとも1ヶ月間それを実践しています。

ノバイス・・・リフターの20%以上。初心者のリフターは、このテクニックで少なくとも6ヶ月間定期的に訓練を受けています。

インターメディエイト・・・リフターの50%以上。中間リフターは、この技術において少なくとも2年間定期的に訓練されている。

アドヴァンスト・・・リフターの80%以上先進的なリフターは5年以上前から進歩しています。

エリート・・・リフターの95%以上。エリートリフターは5年以上にわたり、強靭なスポーツで競争力を発揮してきました。

バーベルスクワットの平均重量 男性版

体重60kg

ビギナー 47kg

ノバイス 68kg

インターメディエイト 95kg

アドヴァンスト 126kg

エリート 160kg

体重70kg

ビギナー 59kg

ノバイス 83kg

インターメディエイト 112kg

アドヴァンスト 146kg

エリート 182kg

体重80kg

ビギナー 71kg

ノバイス 67kg

インターメディエイト 128kg

アドヴァンスト 164kg

エリート 202kg

体重90kg

ビギナー 82kg

ノバイス 110kg

インターメディエイト 143kg

アドヴァンスト 181kg

エリート 221kg

体重100kg

ビギナー 93kg

ノバイス 122kg

インターメディエイト 157kg

アドヴァンスト 197kg

エリート 238kg

体重110kg

ビギナー 103kg

ノバイス 134kg

インターメディエイト 171kg

アドヴァンスト 212kg

エリート 255kg

体重120kg

ビギナー 113kg

ノバイス 145kg

インターメディエイト 183kg

アドヴァンスト 226kg

エリート 270kg

おいらの所見

スクワットはデッドリフトに比べると挙上量が大きくなる傾向にあります。その理由はスクワットはビッグスリーの中でも一番強いからです。なぜかというと、下半身の筋肉は全身の70%に及んでいるからです。

特に、お尻の筋肉である大臀筋はその中でも一番面積が大きいです。バーベルスクワットは大臀筋に効かせやすい種目でもありますので挙上量も大きくなると考えられます。また、体重に応じてその挙上量が大きくなるのはわかりますよね。

握力などは常にウエイトがかかっていない場所なので体重で筋力の強さは左右されませんが、下半身の場合は常に重りを支えているわけなので上半身の体重が重たいほうが強くなりやすいわけですよ。その証拠に120kgにもなれば運動をしていない人でも113kgは挙上できるんですよ。

ちなみに、僕の例ですと、体重67kgでスクワットは150kgになりますから、70kgのアドヴァンスとエリートの中間ぐらいですかね。デッドリフトと比較するとやはりスクワットは弱い印象ですね。もうちょっと頑張ります。

スクワットの平均重量 女性版

体重40kg

ビギナー 17kg

ノバイス 31kg

インターメディエイト 50kg

アドヴァンスト 74kg

エリート 102kg

体重50kg

ビギナー 22kg

ノバイス 38kg

インターメディエイト 59kg

アドヴァンスト 85kg

エリート 114kg

体重60kg

ビギナー 27kg

ノバイス 44kg

インターメディエイト 67kg

アドヴァンスト 95kg

エリート 125kg

体重70kg

ビギナー 32kg

ノバイス 50kg

インターメディエイト 74kg

アドヴァンスト 103kg

エリート 135kg

体重80kg

ビギナー 36kg

ノバイス 56kg

インターメディエイト 81kg

アドヴァンスト 111kg

エリート 144kg

体重90kg

ビギナー 40kg

ノバイス 60kg

インターメディエイト 87kg

アドヴァンスト 118kg

エリート 152kg

体重100kg

ビギナー 44kg

ノバイス 65kg

インターメディエイト 92kg

アドヴァンスト 124kg

エリート 159kg

おいらの所見

テストステロンの影響もあり、デッドリフトと比較すると男女の差が激しいですね。また、女性の場合はデッドリフト平均よりもスクワット平均のほうが低い印象です。これはどうしてなのか?背筋力のほうが付きやすいのか?

ビギナーからエリートまで関係なくスクワットよりもデッドリフトが強いです。普通に考えると足に負担がかかりやすいのでスクワットが一番強くなるものなんですけどね。どうしてなのでしょうか?まあ、データの信憑性の問題もあるかもしれませんがちょっとわからなかったです。

ただ、いずれにしてもいえることですが、女性の場合は基準が低いのでエリートに達するのは難しくないということです。リフティングのトレーニングをがっつりとやっていればスクワット100kg程度なら軽く達成できるでしょう。

参考文献 http://strengthlevel.com/strength-standards/squat