前腕筋群を太くする鍛え方!ダンベルを使った筋トレを紹介します。

分厚い前腕がほしい!

ジムにいって思ったことがあります。それは、あまり前腕筋群を鍛える種目というのがないのでは?ということ。スポーツトレーナーも前腕は重点的なトレーニングとして推奨はしていません。なぜなら、前腕は筋肉の面積が非常に少ないです。

ぶっちゃけ、筋肉の面積が少ない箇所を一生懸命トレーニングしたところであんまり筋トレ効果というのは得られないです。さらに、ダイエットをしている人にとっても同じことがいえまして代謝が挙がらないのです。

それを考えると前腕筋群はそこまで一生懸命鍛える場所ではなく後回しでも良いのでは?ということになるんですね。そして、後回し、後回しが続いてしまいまして最終的にやらない。で終わってしまうケースも多々あるかと思います。

それに、前腕は引っ張る系のトレーニングを行うことで副産物として鍛えられるのです。たとえば、デッドリフトなんて高重量のウエイトを握力で握りしめるわけなので自然と前腕筋群が強化されるのです。そういった意味では高重量を扱う引っ張る系の種目を常日頃行っているならば多少なりとも鍛えらます。

しかし、やっぱり思うのが男性ならば前腕はある程度がっちりとしていたほうがかっこいいです。夏は半袖になると思いますが前腕が鍛えらえないがために先細い腕がで、「トレーニングしている。」なんていわれても説得力に欠けますからね。

そこで、前腕という部位は腕のトレーニングをする日に種目として取り入れることをおすすめします。しかし、前腕を鍛えるためにはどうしたらよいのでしょうか?お勧めなトレーニング方法を紹介します。

前腕筋群を鍛えるトレーニング種目

zen2

ハンマーカール

ハンマーカールがアームカールと異なる点は、通常のアームカールであればダンベルを横向きにして持ち上げます。しかし、ハンマーカールの場合はダンベルを立ててカールを行います。これにより前腕筋群の腕橈骨筋という肘の上あたりにある筋肉が強化されます。前腕筋群の中でも比較的大きい筋肉になりますから積極的に鍛えておくことにより大きく分厚い前腕を作ることができます。

リストカール

尺側千根屈筋といいまして、前腕の腹側の筋肉です。これも前腕筋群の中ではかなり大きな筋肉になりますから鍛えておくことで分厚い前腕を作ることができます。通常のリストカールでも鍛えることができるのですが、起立した状態で手をお尻の前に持ってきて行うやり方のほうが負荷がかかりやすいのでおすすめです。

リバースカール

リストカールの逆になります。リストカールの場合は手首を返してウエイトを持ち上げるやり方ですが、リバースカールの場合は手首を立てるようにして負荷をかけます。

ハンドグリップ

前腕筋群を太くするというよりも握力強化になりますがそれでも前腕筋群への負荷は期待できます。おすすめな方法としては自分の限界ギリギリのハンドグリップを使用することで握力の成長も早くなります。

ケーブルマシン

ケーブルマシンを使用して腕相撲のように手首を返すような動作を行うとリストカールに近いトレーニング効果となります。まじめに取り組むと結構前腕がパンパンになるような種目ですので是非取り組んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です