中井りんのベンチプレスが凄い!強い筋肉を作る格闘技のトレーニングについて。

女子格闘技はこれまではあまり見てなかったのですが、日本人女性の総合格闘家で注目しておいたほうが良いと思ったのが中井りん選手です。とてもきれいな顔つきをしておりまして、男性から人気の高い選手です。

そして、これは2ちゃんねるのハナシなので何ともいえませんが、中井りんさんのベンチプレスの挙上量は80kg。もう一つの説では120kgといわれています。さらには、バーベルスクワットで200kgらしい。

ちなみに、中井りんさんは身長156cm.、体重61.2kgという具合です。筋力においては男性と変わりないぐらい強いわけですがこれに関しては公式で発表しているわけでもなく真偽のほどはわからないです。ソースも微妙。

ちなみに、僕は身長170㎝、体重63kg、体脂肪率9%ですがベンチプレスのマックスは130kg、下半身は弱いのでスクワットは120kgほどです。それを考えるとベンチプレス80kgはおかしくないし、むしろ少ないほうだと思います。

これでベンチプレス80kgがマックスの挙上量ってのは少なすぎると思います。三角筋や僧帽筋が女性にしてはありえないぐらい肥大していますし、三角筋から大胸筋に走る胸板のラインがトレーニングを頑張っている男性でも追いつきそうもないぐらいでかいです。さらには広背筋も普通の男性以上に大きいのでこれならベンチプレス120kg挙がっても多分おかしくはないです。

こうしてみると中井りん選手は上半身はかなり鍛えこんでいるように思えます。腕なんて本当にすごいですよね。上腕二頭筋、上腕三頭筋も普通に大きいですし、前腕筋群も太い。かなり重い重量でカール系のトレーニングをしているのが想像できます。まあ、握力もすごいんでしょう。

中井りんの強い筋肉を作るトレーニングについて。

この写真を見ていただくとわかりますが肩の筋肉から腕の筋肉が半端なく太いです。相手の選手の前腕よりも中井りん選手の前腕のほうがはるかに分厚いです。パワー勝負なら明らかに勝てるわけがないでしょう。そんな中井りん選手が常日頃から行っているトレーニングってどんなものなんでしょうか?

ハンマートレーニング・タイヤトレーニング

軍人なども行っているこのトレーニングたとえば、総合格闘技のエメリヤー・エンコ・ヒョードル選手もこのトレーニングは行っています。ハンマーをタイヤに叩きつけることにより肩や背中が鍛えられますし、タイヤを思いっきりひっくり返しながら進むことにより背中や足が鍛えらえます。ウエイトほどの負荷はありませんが高負荷でかつ持久力も養うことができるのです。

ショルダープレス

中井りんさんの動画の中でショルダープレスを行っていたシーンがありました。ショルダープレスは、三角筋、僧帽筋、広背筋に効かせることができるトレーニング種目になります。中井りんさんのこの三つの筋肉は本当に大きいのでかなりの重量で行っているのがうかがえます。

サイドレイズ

サイドレイズというトレーニングは難しいのです。三角筋に効かせるのが意外と大変なのですが中井りんさんの三角筋は大きく膨らんでいます。どれぐらいの重量でやっているのかは定かではありませんが、おそらくフォームもしっかりとしているのでしょう。そうでなければこれだけきれいな肩を作るのは難しいでしょう。

ベンチプレス

実際にトレーニングしているシーンは見受けられませんでしたが、噂になっているほどですし、大胸筋の分厚さからすればほぼ確実にこのトレーニングを行っていることでしょう。挙上量は不明ではありますが、おそらく100数十キロは普通に挙がると思います。

スクワット

こちらも200kg挙げるとか噂になるほどです。動画では本当に軽い重量でしか挙げてはいませんが200kgまでいかずともかなりの重量は挙げられるのではないかと思います。写真を見る限りかなり逞しいお尻と足をしていますからね。

デッドリフト

これは想像でしかありませんが、中井りん選手の背中がものすごく分厚く逆三角形をしています。普通に考えてデッドリフトやっているでしょう。と思ってしまう背中です。挙上量はどれぐらいなのかはわかりませんが130kg以上は挙げられるんではないかと思います。普通の男性では挙がらないような重量でやっているのは間違いなし。

アームカール

この上腕二頭筋の大きさから推測できます。上腕二頭筋のピークもかなり高いのでしっかりと負荷をかけられるような方法でトレーニングを行っているのが想像できます。

動画ではかなり軽い重量でバーベルカールを行っていたシーンがありました。ただ、それだけで腕がこんなに太くなるわけはありません。ダンベルカールをじっくりとやっているのが想像できます。

カールって意外と難しいのですが女性でここまで大きくできるのは本当にやりこんでいるなぁというのがわかります。以前、20kgほどのダンベルを軽々と持っていたのでもしかしたらそれでカールをしているかも。

ライイングトライセプスエクステンション

中井りん選手の上腕三頭筋の分厚さを写真を見ればわかります。ショルダープレスやベンチプレスでもサブとして鍛えられますがここまで大きくするにはメインとしてトレーニングをしないと難しいです。そんな中で効果的なのはやはりこの種目です。

格闘技の選手は一部例外を除いてウエイトトレーニングをやるのは常識になっています。師匠の宇佐美館長に若いころから厳しいトレーニングを指導されてきたとお話しされていましたがその中で格闘技向けといったらウエイトトレーニングでしょう。

それこそ、パンチ力を養うには腕の筋肉だけではなく足、腰、背中、肩といった筋肉を強化していく必要があります。そういった意味ではウエイトトレーニングというのは効率的なんですよね。たぶんこんな感じの筋トレはやっているはずです。

それに、中井りん選手の体系を見れば一目瞭然でウエイトをやっているのはわかりきっています。自重じゃなかなかこんなにゴリゴリな体にはなりにくいからです。しかも女性。もし、スクワットを200Kg挙上できるならデッドリフトのそれに近い重量を挙げてそうですね。いや、本当に素晴らしい。

中井りんはやっぱり強すぎる

柔道出身ではありますがやはり総合女子で世界最強ともいわれているぐらいですから打撃に関しても素晴らしいです。筋肉ボディーから発動されるパンチはスピードもありますし、パワーもあります。当たった音を聞けばわかりますがかなり重たそうです。

男性で同じ階級だとしても顔負けするぐらいのパンチ力ではないかと思います。2016年大晦日のRIZINに出場が決定しましたがじっくりとその活躍を期待したいと思います。

ちなみに、この体を作るのはトレーニングも相当ハードなことをしているのはわかるのですが食事もしっかりとしていないと不可能です。よくステロイドを使用しているのではないかという書き込みを見ますが多分使用していないと思います。

使用していたらとっくにばれているでしょうし、ここまで肥大したのはここ最近、急激ではありませんからね。確かに中井りん選手の肉体は素晴らしいですが、海外へ行けばもっと筋肉が凄い女性はたくさんいます。

でも。。。日本でこのクラスの女性はアスリートでもなかなかいないです。それに関してはやっぱりすごいとしか言いようがないと思いますね。男性でも並大抵の鍛え方では到底勝てないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です