スクワット15回=腹筋500回って(笑)本当に割れるのか考えてみました。

腹筋をバキバキに割りたい!しかし、腹筋を頑張っている割にはなかなか腹筋が割れてこないしお腹周りの脂肪も落ちていかない。そんな風に悩まれている方もいらっしゃるのではないでしょうか。確かに、腹筋を割るとか、腹筋を筋肉痛にするとかとなると並大抵の運動では無理です。

クランチとかやっても相当な回数を重ねないと無理です。東山紀之さんみたいに毎日1000回クランチやるんならあれだけのバキバキの腹を作れるとは思いますが普通の人は無理ですよね。なんとか簡単に腹筋を割る方法がないかと。EMSマシンに頼っても無理だった。。。

そんな人もいるでしょう。そこで、一昨年ぐらいに話題になった面白い記事があります。なんとも、スクワットを15回やるだけで腹筋を500回やったのと同じことだというハナシなんすね。確かにこれだけ聞くと腹筋なんて簡単に割れると思っちゃいますよね。

だって、正直スクワット15回なんてそんなに難易度が高いものでもありません。運動していない人だって頑張ればできるぐらいのレベルです。一方で腹筋はいろいろありますが、オーソドックスなものでクランチとして500回やるのは至難の業です。

相当、腹筋を鍛えていない人でないと無理です。並大抵の人では無理です。もし、この話が本当なのであればトレーニングももっと楽になることでしょう。そこで、僕の経験談と筋トレの知識をもとにこの話が本当なのか?それについて究明していきたいと思います。

スクワット15回=腹筋500回の真実とは?

これはやったことがあるという人であればすぐわかる話なのですが、スクワット15回やったからと言って腹筋500回やったのと同じなわけがないです。そもそも、使用する筋肉が全く異なるのでスクワットをやったからと言ってお腹にそれだけパンプを効かせるのは無理です。

スクワットは大臀筋、大腿四頭筋、内転筋、ハムストリングスと4つの筋肉をフルに使う屈伸運動です。一方で、腹筋はほとんどが腹直筋です。サイドクランチのようなやり方をすれば腹斜筋を使用しますが、基本的には肋骨と骨盤を近づけるような腰を曲げる運動です。

↓ ↓ ↓

>>HMBで筋肉増強!ランキングにしてみました。

そういったことからも全然違う筋肉であり、スクワットに猫背になるような動作ってないですよね。つまりは、スクワット15回やったからといって腹筋500回やったのと同じだ。だからスクワット15回で十分腹筋は割れるなんて思うのはちょっと違います。

では、この話は嘘なのでしょうか?確かに、ネットニュースの記事でありバズを狙っている部分もあるのでしょう。そのためギミックで人の目を引いているところも考えられます。しかし、デタラメというわけでもなく、そこにはしっかりとした意味合いがあります。

スクワット15回=腹筋500回分の消費カロリーと表記すべき。

スクワット15回行うことで腹筋500回やったのと同じことというのは消費カロリーが大体それぐらいであるというならばそんなにデタラメな話でもないかもしれません。まず、腹筋は人間の体の中でもそんなには大きな筋肉ではないのです。

そのため、500回行ったところで可動域も狭いのでそんなにカロリーを消費することはできないのですね。一方でスクワットの場合は、大臀筋、大腿四頭筋、内転筋、ハムストリングスと人間の筋肉の7割を使って屈伸運動をするわけですから消費カロリーも高くなるのです。

つまりは、カロリー消費を狙うならば腹筋よりもスクワットのほうが有効な手段でありますし、基礎代謝を高めるという意味でも下半身の筋肉を増やしておいたほうが効果的になるわけです。なぜなら、そこに人間のほとんどの筋肉が集中しているためです。

筋肉量を増やせば代謝は増えるといいますが、それは、まずは足の筋肉を鍛えるのがベストともいえる話です。こういった意味合いなのにもかかわらず、それを、よくわかっていないブロガーやらアフィリエイターが全く調べもしないでそれを鵜呑みにしちゃっていますね。アクセスアップだけのために拡散していますが、普通に考えればわかる話なので筋トレも何が真実か見極めることは大事なことですよ。

スクワットで腹筋をバキバキに割るのは難しい。

最後に、スクワット15回毎日やって腹筋が割れるか?といったら割れないです。腹筋を割るのはそんなに甘い話ではありません。確かに、基礎代謝を高めて脂肪の燃焼効率を上げるという意味であればスクワットは腹筋を割るにおいてプラスアルファにはなります。

腹筋を割るために重要な要素の一つとしてはまずはお腹の脂肪を落とすことですからね。しかし、スクワット15回程度ではとてもではありませんがお腹の脂肪なんて落とせません。では、どうすればよいのか?腹筋を割るポイントは二つあります。

1 脂肪を落とす
2 腹筋をつける

この二つのポイントがとても大切になってくるわけです。その中でスクワットは脂肪を落とすという部分にはプラスアルファになりますが、腹筋をつけるという項目には関与しませんから別に腹筋運動を行う必要があります。自宅でできる運動といえばクランチやサイドクランチなどがよいでしょう。

もし、腹筋に自信がない。けれども、即効性を求めたいというのであればアブドミナルクランチというウエイトトレーニングで直接腹筋に強い負荷をかけてそれを更新していくというトレーニングを行ったほうが効果的に腹筋は鍛えらえます。ここで解説しているのでどうぞ。

ジムの腹筋マシン「アブドミナルクランチ」の効果的な使い方について。

2016.12.20

また、アブドミナルクランチで高重量のウエイトでも問題なくできるようになったのであればドラゴンフラッグという最強の腹筋をやったほうがいいです。経験上の話になりますがウエイトであるアブドミナルクランチよりも効果的に鍛えられます。ということで、スクワットはやってもいいけど、脂肪を減らしながら腹筋をつけていくという努力が必要になるのですね。

スクワットをやることはマイナスにはなりませんが、腹筋を割るという目的だけであればそこまで大きなポイントにはならないのではないかと。それよりも腹筋をつけて、食事や有酸素運動で脂肪を減らすのがもっと大事なポイントです。